評価


PainVisionによる評価

原理と定義

PainVisionは痛みの大きさを電気刺激(パルス電流による刺激)の大きさと比較することにより(痛み度)を表示する装置です。患者が感じている痛みと 同程度の電気刺激を測定(痛み対応電流値)することにより、痛みの定量評価します。痛みを評価する前に、様々な要因による個体差を消去 する目的で、基準値(電流知覚閾値)の計測も行います。

痛み度=(痛み対応電流値ー電流知覚閾値)/電流知覚閾値 X 100

痛み度は無痛になると0になる無次元量であり2000+の範囲で、純粋な痛みの程度を示します。

測定方法

PainVIsionは低周波電流(50Hz、0~256μA)電気刺激により測定を行います。刺激電極は痛みの存在する部位を避けて装着する必要があり、原則として前腕内側部に貼付します。ゆっくりと電流を強くして(上げて)いき、電流知覚閾値と痛み対応電流を3回測定します。その結果はソフトウェアに記録されており、痛み度が算出されます。

利用法

PainVisionは痛みの程度を測定することで、痛みの強さの程度、治療効果などを定量的に評価できます。

従来の痛みの評価法

痛みは本質的には患者個人の主観的な感覚ですから、先入観や心理的な要因が複雑に関与します。従ってこれを客観的に評価するには多くの困難を伴います。以下が従来より用いられている方法です。PainVisionの評価と組み合わせることにより多角的な痛みのアセスメントが可能となります。

痛みの強さの評価

  • Visual Analog Scale : VAS
  • Numerical Rating Scale : NRS
  • Verbal Rating Scale : VRS
  • Face Rating Scale : FRS

行動的側面を含めた痛みの評価

  • Prince Henry Pain Scale : PRS
  • Children’s Hospital Estarn Ontario Pain Scale : CHEOPS

痛みの質、行動、QOLの評価

  • McGill Pain Questionnaire : MPQ
  • SF-36 (Medical Outcome Study Short-Form 36-Item Health Survery)
  • PDAS (Pain Disability Assessment Scale)

痛みの数値化は難しいが、痛みの強さは定量化することが可能である。
(治療、研究の対象となり得る。)
参考:出展 日本医師会雑誌