概要


知覚・痛覚定量分析装置PainVision® PS-2100は、機器単体での動作の他に、パソコンとの接続使用が可能です。
パソコンと接続して使用する場合には、パソコンの動作環境をご確認ください。

電流知覚閾値測定

徐々に上昇する電流値により最小感知電流値(電流知覚閾値)を評価するモードです。
患者が付属のハンドスイッチを操作できることを確認した上で、測定を開始します。測定前に刺激電流の制限値および上昇時間の設定は画面上で操作可能です。上昇する電流値を患者が感じたら、ハンドスイッチを押し電流出力を停止します。この電流値が電流知覚閾値(最小感知電流値)となります。

痛み測定

痛みを計測するためのモードです。
電流知覚閾値を計測した後、同様の方法で痛みと等しくなる(または、上まわる)電流値を計測します。患者が付属のハンドスイッチを操作できることを確認した上で、測定を開始します。測定前に刺激電流の制限値および上昇時間の設定は画面上で操作可能です。上昇する電流値を患者が痛みと等しいと感じたら、ハンドスイッチを押し電流出力を停止します。この電流値が痛み対応電流値となります。
電流知覚閾値と痛み対応電流値を計測することで痛み度が演算されます。

痛みレベル測定

痛みの範囲を計測するためのモードです。
電流知覚閾値を計測後、電流知覚閾値を基準にした電流を設定値に合わせ出力します。一定の電流が出力されることで、痛みとの比較を行います。測定結果は設定倍率の区間で表示されます。
※専用ソフトウェアと組み合わせたシステム時のみ使用が可能です。

製品には痛みを測定するためのソフトウェアを含んだ「PS-2100」と電流知覚閾値のみを評価するソフトウェアを含んだ「PS-2100 N」の2種類があります。